色々な事を基礎から考えよう

TKクリニックの院長の加藤です。今、令和3年9月20日午後10時です。今日からブログを始めました。昨日「新型コロナ市民と専門家の緊急対話」 を見ていていたら、コロナ感染症に対して、色々な立場の人が色々な意見を持っていて、大変興味深かったです。

これらの意見を統合するのは本当に大変です。それぞれの立場で皆さん正論を言っているのですが、感染拡大と、人と人が接する事がどうしても両立が出来ないことなので、それぞれが、コロナ感染、ウイルス感染というものをきちんと理解しないと、着地点を決めても、必ず、それぞれの立場で不満が出ます。コロナに関わる医療者も、より病気が起きないようにという視点だけを考える時期から、健康と経済を両立させるためどのようにするのがよいか、経済の問題も学ばないと、社会の分断が益々どうしようもない状態になってしまう。「お医者さんは世の中を知らない」と思われると、専門家は意見を聞いてもらえなくなります。現実に第5波ではそのようなことが起きたと思っています。

だから、難しい話でも、その基礎をそれぞれの立場のリーダー的な存在が理解する必要があります。それは、自分の専門外の事を学ぶということで、大変なことだと思う。声が大きいけれど、他の領域の基礎すら学ぶ姿勢のないリーダーは不幸を導きます。

枝葉は沢山合って、それは考え方のバリエーションでいいと思う。でも、基礎を知っていると、おそらくは選ばない選択枝はあります。基礎を知らないと、とんでもなく間違った選択をしてしまう。太平洋戦争のことを考えると、その選択が数十年経っても影響がある場合もあると判ります。

他ではおそらくあまり見られない視点から、健康の問題のみならず、私の視点で問題を切り取っていこうと思っています。

コロナに立ち向かう
ブログ開設しました。
色々な事を基礎から考えよう

色々な事を基礎から考えよう」への1件のフィードバック

  1. ブログ開設って、あんまり更新しないかもですが、残るものでもあるので、きちんと書こうと思ってます。
    どっちかっていうと、普段医療的に考えてることが中心となると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


トップへ戻る